FrontPage

Music Space サヴァサヴァへようこそ
大阪泉州岸和田にある新しいタイプの音楽教室です。
本格的なジャズピアノ、ボーカルレッスンを受けたい方へ

メールでのお問い合わせはこちらへ
(メールでお問い合わせ頂く際にスマートフォンのメールからだと、メールフィルターの関係等で
こちらの返信メールが届かない事がございます。
特にアイホンなどのicloud.comからのメールは返信しても届かないケースがよくあるようです。
こちらからの返答がない場合はお手数ですが、お電話にてお問い合わせ頂きますようお願い致します。)

  * 教室の雰囲気をご覧になりたい場合はこちらのイベントページもどうぞ。


ご挨拶

1999年からスタートした当教室も時代の変化と共に随分と変わりました。
教室を始めた当初は正直なところ音楽活動だけでは生活が大変だからという気持ちで
教室業を始めました。

しかし、その当時から音楽を身近な存在として感じて欲しい。
テレビや芸能界の世界とは違っても、プロとして良い音楽をやってる人はいる。
そういう音楽家のコンサートに少しでも足を向けて頂く方が増えたらという気持ちも
ありました。

時代は変わり、今は誰でも簡単にステージに立てる時代になりました。
Youtube等で発信し、お金や時間をあまりかけずに自己発信ができるようになりました。
しかし、音楽は聴く方がいて初めてステージとしての存在意義があります。

その聴く方と一緒に共演する音楽家と時間を有意義に過ごす事が重要で
そのためにはやはり基礎的な音楽の練習や経験は必要になりますし、
例えプロのようにステージに立たなくても、自ら音楽に触れる経験を持つことで
音楽の素晴らしさを実感できると思うのです。

時代は益々、年齢、学歴、経歴などは関係なく、自由に自己発信出来る時代に
向かうと考えられます。

この種々雑多、混沌とした時代の中で
本当の価値が分かる音楽を聴く耳を持って頂ける方が一人でも増える事を願います。

この5月から教室も移転し、アクセスもより便利になり、設備も新たにグランドピアノを設置し、より音楽に没頭できる環境に変わりました。
生の音楽の素晴らしさ、音を合わせる事の喜びを知って頂くには最良の環境です。

 

ホームページを新たにリニューアルし、教室も移転した記念にご挨拶の文面も新たなる思いで書かせて頂きました。
今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2018年5月30日
野口 尚宏


令和時代になりましたね

世の中は今、令和ムード一色ですね。

いろんな考え方はあるでしょうが、私は令和という元号が気に入っています。
気に入っているというよりは美しいものを大事にし、みんな仲良く平和である事を願う意味が込められている事に共感を持ちます。
平成は私にとっても激動の30年でした。
自らの音楽人生そのものの30年だった気がしますし、私生活でもいろんな事がありました。
幸い大きな病気をする事なく、無事に過ごせたのは良かったとは思っていますが。
当教室も新教室に移転してから1年経ち、このような恵まれた環境で教室を続けられているのが夢のようで生徒さんやご関係者皆様方、家族に感謝の気持ちが絶えません。

さて、これからどういう時代になっていくのでしょう。
平成はインターネットの普及や数多くの自然災害など様々な事がありましたが、
便利さと手軽さを追求するあまり一人一人が孤立しがちな世の中になってきた気がします。
昭和はいまから思うと多少不便で煩わしい人とのお付き合いがあった時代でしたが、
人と人の結びつきが平成と比べると少し絆は深かったような気がします。
音楽においてもコンピューターの発達により、打ち込み音楽が盛んになり、
一人でも音楽が割と簡単に作られるようになりました。
広報活動もYoutube等の配信サービスの台頭で誰でも情報発信ができるようになりました。

そのような変化の中でも唯一変わっていないのが、
アコースティック音楽でお互い生の人間が生の音を聴き合って音を合わせるクラシックやジャズなどの音楽の作り方です。
これらの音楽はしっかりとした基礎を身につけ、お互いの音をしっかりと聞き合わなければ、成り立たないようになっています。

コンピューター音楽や打ち込みの音楽は僕も好きですし、これからも興味は持ち続けると思います。
しかし、音を通じて自らの考えと他者との相違を尊重しつつ自己表現と協調を同時にしていく音楽であるジャズという音楽(少なくとも私はそう考えています。)の魅力には特別なものがあります。

この便利な世の中で不便だった時代が良かったと懐かしむ気持ちもありますが、これからの時代はその便利さを享受しながらも人と人が音を通じて分かり合える事は楽しいと思える時代になって欲しいと思います。

ここ最近、当教室ではボサノヴァを歌う時、言語であるポルトガル語で歌うレッスンを行っています。
ボサノヴァは言語であるポルトガル語で歌う方が美しく響くからです。
また、サックスやジャズピアノのレッスンでも専門的にクラシックの高い音楽技術を身につけた方が即興音楽を学びたいとお越しになられるようになってきましたし、ボーカル技術が最初からかなり高い方も更に学びたいとお越しになられ、
月1回のセッションレッスンがとてもレベルの高いものになってきたように感じます。
一方で音楽初心者の方も前向きで真面目に音楽に取り組む方が増え、高い音楽技術を持つ方の演奏に刺激を受けつつ、楽しくレッスンやセッションされています。

時代が変わり、当教室の雰囲気も大きく変わってきました。
私自身もこれからも勉強する事は増え続けると思います。
いくつになっても勉強する事があることと、勉強する気持ちが絶えない事は幸せな事だと思っています。
新元号になり、季節の移ろいと時代の変化を感じつつ、ますます音楽に対する情熱が深まっていく事を感じます。
今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2019年5月1日
野口 尚宏

この春にむけて

季節の変わり目で寒くなったり、暖かくなったりしながらも春に近づいてますね。

当教室ではこの4月からレッスン料金の改定を行います。
(レッスン体系のページには4月からの新料金を既に記載しております。)
昨年5月から新教室に変わった事でより良い教室環境に向けての設備経費がかさんでいく事が予想されること、
もう一つ大きな理由は当教室のレッスン内容に自信を持てるようになってきたことです。
改訂後のレッスン料金は音楽教室やボイストレーニング教室の相場では決して高いものではなく、むしろまだ少し安いか相場に少し近づいたくらいだと私自身は思っています。

音楽教室として大事な事はしっかりとしたレッスン内容に基づき生徒さんお一人お一人に沿った音楽的成長と料金体系に見合った満足度を生徒さんに感じて頂ける事だと思っています。
ここ数年間、特に新教室に移転してから私の音楽教室の在り方とお越しくださっている生徒さんの考えが一致してきている事を実感しています。
この事が料金改訂を決断した最も大きな理由です。

今後、料金体系の改訂を機にお時間と気の合った生徒さん方のグループレッスンもマンツーマンレッスンの中に追加料金を取らず、盛り込んでいこうと思っています
今までの月1回のセッションレッスンに加えて、グループレッスンも含めてこの価格はあまりないと思います。

音楽教室として価格帯だけでなく、レッスン内容の充実を図り、本来の意味でのリーズナブルな教室を目指してこの春からも頑張って行こうと考えています。
今後ともMusic Spaceサヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2019年3月17日
野口 尚宏

明けましておめでとうございます

今年のお正月は良い天気で穏やかな日が続きましたね。
僕自身も今年はゆっくりと年末年始を迎えました。
昨年は変化の年で何かと気ぜわしかったので、
少し落ち着いてじっくりと物事に取り組んでいきたいと考えています。
自分に出来る事と生徒さんお一人お一人の向かいたい方向の合致点をしっかりと見つめてレッスンさせて頂こうと思っております。
今年もMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2019年1月10日
 野口 尚宏

教室始まって以来の大きな変化の年でした

いよいよ年の瀬ですね。
今年は本当にいろんな事があった年でした。
今年の1文字が「災」が選ばれたようにまさに全国各地で天災が続き、
世間的にはあまり良い年ではなかったのかもしれません。

その中で当教室は新しく新教室に移転し、ピアノもグランドピアノに変わり、
音楽をするには本当にふさわしい環境になりました。
これもひとえに支えてくださった皆様方のお陰です。

5月に移転してから、多くの方々が新しく教室にお見えになられました。
正直、この急激な変化に自分もついていけていない、
本当にあっという間の激動の1年でした。
来年はこの変化を礎にいろんな事に挑戦しつつもコツコツと更なる成長を目指した地盤固めの年にしたいと考えています。
去年の今頃はこんな事になるとは思いもしませんでした。
自らを取り巻く環境が変わる事でこんなにも感じ方が変わるのかと実感した年でもありました。
来年も皆様にとって幸多き、実り深い年でありますように。
今年もお世話になりました。
どうぞ良いお年をお迎えください。
来年もMusic Spaceサヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2018年12月28日
 野口 尚宏

この猛暑で考えること

教室を移転して3ヶ月が過ぎました。
今年の梅雨は短く、しかしその期間は短かかったにも関わらず、
様々な災害の爪痕を残し、去っていきました。
その後はこの猛暑です。
一体、この先地球の環境はどうなっていくのだろうかと一抹の不安を感じます。

環境がどう変わろうと、自分を信じてこの暑い夏を乗り切り、
教室にお越しくださる生徒さんに充実した音楽環境と更に音楽的成長を感じて頂くために
もっともっと勉強しなければいけないと感じている所です。

さて僕が教室を始めた20年ほど前は今ほど音楽教室やボーカル教室はなかったように思います。
ピアノを習うか、声楽を習うか、あとは本格的に音大を目指したり、留学したり。。
今は一つの音楽ビジネスとして、ボーカルスクールや様々な音楽教室が増えました。
それはとても喜ばしい事だと思います。
音楽や歌を少し習い、良い感じになったと思ったら、教室の発表会ではなく、すぐプロの方と同じステージに立つ。
そういう機会も増えました。
音楽を聴くだけだった方が身内の方をお客さんとして呼んで満席にしてステージに立てば、
ライブハウスやホールはビジネスとしてはプラスになるわけですから、
どんどんとブッキングしていきます。
ただ、その反面プロフェッショナルに音楽を追究している方にとっては少し苦しい面もあります。
音楽的成長は一朝一夕で実感できるものではありません。
コツコツと持続して、時には単調で地道な練習、様々な音楽の勉強、トレーニングも必要とします。
その過程を経て、人の心に残る音楽を表現できるのがその道のプロフェッショナルな方だと思います。
今の時勢はそのプロフェッショナルな方の考え方やライブ演奏は少し煙たがられて、
表現する場所が狭められている気がします。
寂しい話ですが。
(勿論、活躍されて忙しいプロフェッショナルな方もいますが、少なくなったという意味です。)

この状況は良い面とよく考えなければいけない面があると僕は考えます。

素敵な音楽を聴いて、自分もやりたい、そして何となく音楽的な基礎も知らず
賑やかしのような形でイベントをする。
1回や2回ならそれも楽しいでしょうが、最初は来てくれていた友だちや身内の方も
貴重な時間とお金を費やすわけですから、段々来なくなる。
で、また違う人が出てきて、同じ事を繰り返す。
そこに音楽の美しさや素晴らしさ、感動があるかと言われれば、僕は疑問を感じます。

やはり人の心に残る音楽をしようと思ったら、それ相当の練習量や基礎的訓練が必要だと考えます。

しかし、僕は自分だけが楽しい、身内だけで楽しいイベントも否定はしません。
そこに需要があり、人が集まって一時でも刹那的な楽しみがあるなら良いとも思うからです。
僕は違いますけど。

今更口に出して言うのも憚られる言葉の一つである情報化社会の中で一粒の煌めきを見つける事は容易ではないかもしれません。
情報過多でじっくり考える時間もなく、物事の価値を自分なりに決めて生きていかなきゃいけないわけですから。

楽しければ何でも良い!
この意見に僕は100%共感します。
ただし、周りにいる方々も楽しいという事が条件です。

その為には物事を様々な角度から見る事ができる目が必要だと考えます。
どんな分野でも同じかもしれませんが、自分の意思で身につけた基礎的能力はこの柔軟性を身につける事ができると思います。

僕の仕事はいかにその基礎能力を生徒さんに身につけて頂き、ご自身の価値観で素晴らしい音楽や
世の中に存在する美しいものに触れて頂く機会を持って頂く事だと思っています。

僕が自身の活動を自粛し、音楽教室で教えさせて頂く事に重きを置く理由は本当に楽しい音楽をする喜びを味わって頂くためのボーカルレッスンやピアノレッスン、その他の楽器の音楽レッスンのメニューを考えたり、
様々な方々のご要望に応じたレッスンを考え、実践させて頂く事で自分が今まで培ってきた音楽経験を生かす事が出来ると考えているためです。
自身の活動をされながら、後進の教育にも力を入れている音楽家も沢山いますが、僕は器用な人間ではないので、まずは自身の音楽教室を第一に考えてしまいます。
たまには活動もしたいのですが、それは今やるべき事、やりたい事をもう少し推し進めてからで良いです。

今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2018年8月4日
野口 尚宏

梅雨に入りましたね。

教室が移転して1ヶ月が過ぎました。新教室は広くて、ピアノもグランドピアノに変わり、セッションでの音も良いし、最高です。

季節は雨の日が続き、気分的には沈みがちになられる方も多いかと思いますが、この雨が続く季節は必要な時期なんでしょうね。
実りある秋に向けて、自分自身を見つめ、じっくりと力を蓄え、充電するのには良いのかもしれません。

最近、当教室にお越しの生徒さんは音楽経験者の方や既に活動をされている方々が少し増えてきてますが、
全くの初心者の方ももちろん大歓迎です。何となく気分が冴えないなぁとか、元気になりたいなぁと思う時にはお仕事やお勉強から少し離れて、
音楽に集中して、気分転換するのも良いのではないでしょうか?
皆さまのお越しをお待ちしております。

2018年6月12日
野口 尚宏

教室移転の時期が正式に決まりました。

6月を目処にとお伝えしておりましたが、思ったより準備が早く進み
5月のゴールデンウィーク明けの5月7日から新教室でのレッスンをスタートします。

この春から何か始めたい、音楽を楽しみたい方、お待ちしております。
何卒、よろしくお願いいたします。

2018年4月10日
野口 尚宏

桜の季節ですね。

 1年の始まりの3ヶ月はやはり早く感じます。
しかし、その速さと同時にとても変化の多い季節でもあります。
年度の入れ替わりが関係しているかもしれません。
当教室でも今年は今までで最大の変化を迎える事になりました。
まだ時期は正確には決定しておりませんが、この6月を目処に
レッスン場所を自宅教室から店舗型教室へ移す事になりました。
自宅教室もアットホームな雰囲気でこれはこれで良かったのですが、
生徒さんが以前と比べ、より本格的なレッスンを望まれる方が増えた事で、
セッションレッスンや個人レッスンの内容もより充実しなければいけないと
考え、スペースも広く、アクセスも便利な所に引っ越す決意をしました。
これを機に機材を一新し、新しくグランドピアノ(YAMAHAG5)を導入し、
よりよい音楽環境を充実させていきたいと考えております。
この春はこの1年いろいろな変化がある事を予見させてくれる今までにない
春になりそうです。
楽しく、真剣に音楽に取り組みたい方、心よりお待ちしております。
これからもMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2018年4月4日
野口 尚宏

明けましておめでとうございます。

年の終わりと年始めというのは過去と現在、未来への通過点をしみじみ考える季節なのでしょうか。
今年はこういう1年にしようとかこうなったら良いなとか毎年考えます。

しかし、それも時間が経つにつれ日々の忙しさのため、段々とその思いが薄らいで行きがちです。
ただ、数年に渡って考えてみると、毎年少しずつですが成長している気がします。
当教室も皆様のお陰で何とか今まで続けられてきました。
ただ続けられているだけでなく、本当に真面目に音楽に向かう方々が男女年齢問わず
お越し頂けるようになりました。
音楽についての考え方は本当に人それぞれです。
しかし、本当に心に残る時間を過ごすためには真面目に自分と向き合う事も必要かと思います。
その思いのバランスがようやくここ最近、僕自身の中で少しずつ分かってきたような気がします。
これからも皆様に楽しんで頂ける音楽空間を目指して頑張っていきたいと思います。
今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2018年1月9日
 野口 尚宏

               

今年もあっという間の1年でした。

今年1年を振り返って考えると
HPをリニューアルした以外、特に大きな変化はなかったのですが、
自分の中で教えさせて頂く信念が定まり、
生徒さん皆様方から、技術の上達をハッキリと直接お聞きすることが
出来るようになった1年であった気がします。
もちろん、まだまだ勉強中ではあるのですが、
キレイな音を楽に出せて、楽しく音楽が出来るお手伝いができた
喜びを感じます。
出来るだけ生徒さん一人一人の不安を取り除き、楽しく、
少しずつでも音楽的な技術の向上と感性を磨く事で
音楽が身近な存在になり人生を豊かにしてくれるものになるよう
精進させて頂きたいと思います。
来年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えください。

2017年12月27日
 野口 尚宏

暑い夏が過ぎ、秋ですね。。

今年の夏も暑かったですね。
僕の中では新しい年が始まるより、夏から秋に変わる時の方が1年の区切りというか
変化を感じます。
体感的に暑い夏を乗り越える事が1年の一つの山場のように感じるからでしょうか。

最近の教室も変化を感じます。
お越し頂く生徒さんの音楽に向かう意志がより明確になってきている気がします。
自分はこうしたい、こういう風に音楽と接したいという積極的な方が増えてきている
気がします。
テレビを観ていても何か勉強になったり、
自分を高めてくれる情報を教えてくれるものが人気があるような気がします。
世の中全体が自分の意志で人生を選び、積極的に勉強したいという雰囲気に
なってきているように思えます。
世の中のシステムがその時勢に追いついているかはさておき。。
しかし、その時勢が少しずつ世の中のシステムを少しずつ変えていくのかも
しれません。
インターネットの普及やSNSのメディア戦略などが良い例だと思います。

僕もうかうかしていたら、取り残されるので、
しっかり勉強し、研鑽を積みたいと思います。
この秋からもMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2017年9月2日
  野口 尚宏

春はもうすぐそこまで。。

もうすぐ4月になりますね。
年の初めは1月ですが、社会生活では3月から4月にかけての方が
変化が多く、時の移り変わりをより実感できる季節だと思います。
今年度はますます当教室にとって飛躍と同時に着実に本格的な音楽教室としての
成長が見られた年度でありました。
お越しになられる生徒さんが音楽経験者でよりスキルアップされたい方や
お子様の生徒さんもやる気に満ちた方が多くお見受けできるようになりました。
やはり教える側にとってもやる気のある方には熱心に向き合いたくなりますし、
とてもやり甲斐を感じるものです。
確かにただ楽しいだけの音楽教室もいいかもしれません。
しかし、何度も申し上げていますように、
自分だけ楽しい音楽はただの自己満足でしかないですし、
聴かされる側にとっては苦痛でしかない場合もあります。
美しい声、美しい音を奏でてこそ、音楽だと思うのです。

ここで誤解して頂きたくないのは、初心者の方や音楽経験者でないと
レッスンは難しいわけではありません。
素直に音楽に向かう情熱があるかないかそれだけです。
今まででも全く初心者のかたでも目覚ましい音楽的成長を遂げた方は
たくさんいらっしゃいます。

この春から聴いて頂く方に楽しい気分を感じて頂く音楽作りを
一緒に始めてみませんか?

この春からもMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2017年3月28日
野口 尚宏

明けましておめでとうございます。

もうお正月気分も抜けてそろそろ通常の生活モードに切り替わっている時期かと
思います。
昨年末から年始にかけて、来年、今年はこうしようと思って掲げていた目標が少しずつ
忘れがちになっていく頃かもしれません。
ここでもう一度、気を引き締めないといけないと思います。
僕ももう1度気を引き締めて、更なる音楽向上に向けての環境作りを
進めていきたいと考えています。
昨年末に掲げた「自分の限界点を決めない。」
これを目標に頑張っていきたいと思います。

今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2017年1月12日
野口 尚宏

今年は充実した1年でした。

今年もあと残りわずかとなりました。
毎年この時期になると、つくづく思う事なのですが、
来年はどんな年になるかなぁ、どんな方々との出会いがあるだろうと
考えるものです。
しかし、1年が終わろうとしているこの時期にいつも思うのは
毎年想像すら出来なかった1年になるという事です。
目標をたて、その年ごとに頑張ってきたつもりなのですが、
いろんな意味で自分の思うとおりになった事はありません。
しかし、だからといって目標もたてず、何となくダラダラ過ごしていては
良い方向に物事が進まなかったと思います。

そんな中でも今年は僕にとっては大いに有意義な年でありました。
しばらく、教室業を主としてきたので、
自分が一線のプロフェッショナルな舞台に立つ事はほとんどなかったのですが、
素晴らしいメンバーとその事が実現しました。
その事で当教室にお越し頂いている方にも
本格的なステージに立って頂きたいという思いが沸きました。
単なる自己満足的な発表会ではなく、聴いてくださるお客さんにも
感動してもらえる経験をして頂きたいという事です。

前回の文章でも「自分勝手に歌いたい方は僕とは合いません。」という
若干、辛辣な事を書きましたが、その影響もあってか、
今年は真剣に音楽に向かいたいという方々が多く教室にお越しくださったように
思います。
今、当教室、Music Space サヴァサヴァは始まって以来
最も充実した音楽教室となりつつあります。

「趣味だからこの辺でいいか~。」と自分から線を引いてしまっては
絶対にしっかりとしたステージに立つことはできません。
自分に責任を持ち、向上心を持って音楽と向き合っていく。
なかなか難しいことですが、来年はそういった環境作りをしていきたいと考えています。

自分も楽しく、共演するミュージシャンやお客さんとも楽しさを共有できる
そういう音楽空間を作っていきたいです。

今年もお世話になりました。
来年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2016年12月29日
野口 尚宏

空が高くなってきましたね。

今年の夏もとても暑かったですね。
でも、夜になるととても過ごしやすくなって参りました。
もう秋の気配が感じられます。

最近、レッスンをする中で思う事があります。
本当にお越し下さる生徒さんのためになっているのだろうか?
レッスンとは何か?
楽しく歌ってピアノを弾いて、それで終わりでいいのか?
生徒さんはお月謝を払い、その時間は生徒さんの為の時間なのだから、
好き放題気持ち良く時間を過ごすだけで良いのではないか?

はっきり申し上げます。
好きな曲を好き勝手に歌いたいだけという方は当教室は向いていません。

もちろん、音楽をする考え方は人それぞれ違うでしょうから、
僕の考えが絶対的に正しいとは思っていません。
ただ、僕とは合わないと思うだけです。
今現在、当教室に価値を見いだし、楽しく続けてくださっている方々は
少なからず僕の考え方に賛同して下さっていると信じています。

僕自身が目指す所は好きな曲を生徒さんご自身が満足し、
ひいては聴いて頂く方に素敵だと思って頂けるようになる事を
レッスンの中で行いたいと考えているからです。

ひとつの音、音楽を表現するためには沢山の細かな基礎的能力が必要になります。
それさえ出来れば、自由自在に自己表現出来て、好きな曲を歌えるだけでなく、
自分しか歌えない歌い方、またはオリジナル曲を作る事だって夢ではありません。

今年の夏はブラジルでオリンピックがありました。
おそらくスポーツでも同じように同じ事を何度も何度も練習してきている
日本選手の方々があの沢山のメダルを取られたのだと思います。

当教室で推薦している基礎トレーニングはそんなに時間のかかるものではありません。
特に発声練習においては1日10分もあれば出来るものです。
これは苦しい練習というより、むしろ習慣的なものです。
しかし、この習慣がなかなか難しい事も事実です。
「めんどくさい。。」
誰でもそんな気持ちになってしまうものです。

しかし地道な基礎練習も続ける事、それを楽しく目標をもって続けられれば、
練習だって楽しいと思います。
前まで出にくかった高い音が楽に出せた、
ロングトーン(音をひと息で長く伸ばす練習)が5秒伸びたなど、
目に見えて進歩が分かれば、それだけで楽しいものです。
その楽しさが分かれば、あとは自分からもっと進歩したいという気持ちが出てきます。
そうなったらあとはどんな曲も自由に歌い、演奏出来るようになっていることでしょう。

少し偉そうですが、成長こそ喜びだと思う事が楽しく物事を続ける事ができるようになるのだと思います。

サイトのトップページのデザインと言葉も少し前に変えました。
「Music Changes The World 心ふるえる音楽をつくりたい。」
すこし大げさですが、一人の人の心が動くのは大変な事です。
またその事が少なからず世界を変える事が出来るのではないかと僕は希望を持っています。

この高くなっていく秋の空に向かって、
僕自身の目標も高く設定しないと行けないと思いつつ
日々精進し、頑張って参ります。

今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2016年8月31日
野口 尚宏

春になると。。

春っていつも思うのですが、期待と不安が入り交じった特別な季節だと感じます。
学生さんなら卒業や入学、社会人の方は就職、転勤、異動など、、。
気持ちを新たに物事に取り組むには良い季節かと思いますが、
環境の変化や今までの環境から離れていく事への寂しさからくる
気持ちの疲れなども少し感じる季節なのかもしれません。
しかし、この季節をどう乗り切るかで春からの1年を
上手く乗り切れるかが決まってくると思います。
今までの積み重ねで良かった事を更に推し進め、
改善すべき所は気持ち新たに頭を切り換える事だろうと思います。

この春から気持ち新たに楽しく音楽に触れてみませんか?

今後ともMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2016年4月19日
野口 尚宏

願えば叶うということ

明けましておめでとうございます。
よく強く願えば叶うという事が言われますよね。
あれってどうなんだろうと思いませんか?
例えば、歌手になりたいとか有名になって成功したいとか、、etc
それは本当に願っているんでしょうか?
人に凄いと思われたいとか、お金持ちになりたいなら、別の方法があると思います。
歌手や音楽家になる事と有名になってお金持ちになる事は大きな違いがあります。
ただ、ひたすらに音楽に没頭する事が音楽家になるということだと思います。
その事が苦しい人は趣味で楽しんで音楽をやることはできるでしょうが、
人々を感動させたり、勇気づけたりする事は出来ないと思います。
どれだけ音楽の事を考えてられるかかが鍵を握っています。

例えばピアノを毎日30分休みなく1年間、練習できる人は100人の中で何人いるでしょう?
一人いればいい方じゃないでしょうか?
あとは5年、10年、1日1時間、2時間、3時間となると、
200人に一人、500に一人、1000人に一人、、、

音楽家と呼ばれる人は音楽に携わってない人と違い、それが難なくできる人だと思います。
自分しか出せない音を追求している人です。
思いや感情を音で表現出来る人です。
僕がそれが出来ているかどうかというとまだまだです。
それに近づきたいと日々、精進はしているつもりですが。

新年から難しい事を書いてしまいましたが、
もちろん、楽しくゆっくり趣味で楽しもうという方も
当教室では大歓迎です。
そこから少しずつ楽しくなって、のめり込む場合もあるでしょうから。
一つ言いたかったのは、音楽を真剣にやってみたいけど、どうやっていいか分からない、
いろんな教室に通ってみたけど、ちょっと物足りない、
もっと自分の能力を真剣に伸ばしたいと思っておわれる方、
一緒に頑張ってみませんか?
本当の願いとは何なのか、それは出来るだけ楽しい時間を過ごしたい
出来ればそれを楽しめる人たちと共有したいという事ではないでしょうか?
それは音楽でなくても、スポーツでも家庭でも
お仕事でもどんな場面でも同じだと思います。
うちは音楽教室なので、音楽を使って楽しい時間を共有する事が
僕の願いです。

少しありきたりですが、自分を変えれば取り巻く環境も変わります。
自分を変えるには考え方と行動を変える事だと思います。
そうする事で少しずつ、願いが叶う道へ近づいていくのはないでしょうか?

今年もMusic Spaceサヴァサヴァをよろしくお願い致します。

2016年1月5日
野口 尚宏

今年1年の総括

今年は当教室において、ボーカルのボイストレーニングメニューの実践が
特に功を奏したように思います。
昨年末から手に入れたあるボイストレーニングメソッドのお陰で
より具体的に私自身が発声に関しての理解が深まり、
レッスンにおいてもそれが生かされたように思います。

あと生徒さんは音楽経験の差は関係なく、
より本格的に学びたいと思われる方が少し増えてきたように感じました。
お子さまのピアノレッスンでもクラシックだけでなく、
ジャズのアドリブやピアノと一緒に英語の歌も教えて欲しいという方も
いらっしゃいますし、音大を出て、もしくはクラシックの基礎をみっちりやって来られた方が
コードのみで書かれたメロディ譜を演奏する方法を身につけたいという方も
お越しになられています。

譜面重視のクラシック(この言い方もやや語弊があるのですが)と
ジャズをはじめとするポピュラー音楽とは実践し、音楽にする過程がやや異なります。
(本質的には同じ所に行き着くとは思いますが)
そのためにも私自身もっとより深く精進し、
勉強と研鑽を続けていかなければいけないと実感しています。

来年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2015年12月28日
野口 尚宏

秋の夜長に、ちょっと長めですがつらつらと思いを。

今年の夏は一時とても暑かったですが、お盆を過ぎると、急に過ごしやすくなりましたね。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、夜風がほどよく心地良く
物思いに耽るには良い季節になりました。
当教室でもまた新たな転換期にきている気がします。
音楽のあり方をより深く考える時に差し掛かっています。
自分はなんのために音楽をしているのか、生徒さんとしてお越し頂く方々と
どのように接し、何をお伝えし、どのようにご要望にお応えしていくのか。。
音楽をするという事はどういうことなのか。。。

音楽をする上で大事なこと、これは勿論人それぞれであっていいと思います。
一人で1日の終わりに口ずさむ歌、一人で誰にも聴かれず弾くピアノ、
好きなアーティストの音楽をじっくり聴く至福の時など。。
それらが人生の大きな支えになっている事は確かです。

今やスマートフォンなどを含むインターネットで世界中のあらゆる人の音楽が
いつでもどこでも観られるし、聴けます。
または自分次第でいくらでも発信もできます。
この技術の進歩は素晴らしく、その利便性は言うまでもありません。
たまたまインターネットで見つけたという事が自分の人生を変える事もあるでしょう。

ただ、それと同時に一瞬で目的に到達できる、検索して探すという行為が
ある一方で個人の価値観の幅を狭めてしまっている側面もあると思います。

僕自身の経験で言うとインターネットが普及する前は楽譜や理論書、
レコードやCDを探し求めて、時間とお金と労力を使い必死になって、情報を探し求めました。
自分を高めてくれると思える人とは積極的に会いにもいきました。
今と比べると無駄な時間の浪費もあったかもしれません。
しかし、一見無駄と思えるその経過において、様々な方々と関わり、影響を受け、
自分の世界観をゆっくりと作り上げて行く事ができた、
いや自ずと出来上がって来たという方が正確かもしれません。

インターネットの普及でなくなるかと言われた本が残っているのも、
本が世に出るまで、取材や打ち合わせ、推敲や見直しなど、
多くの人々の大変な労力があって初めて書籍として成立しているからだと思います。
多くのふるい落としにかけられたパワーが凝縮されているわけです。
その辺りがインターネットの呟きとは大きく異なります。

これは私の個人的な考えですが、音楽はやはりリアルタイムでお互い音を聞き合いながら、
優しく包み込み、励まし、また時にはもたれかかり、触発しあい、共に作り上げていく
極めて愛に満ちた創造的な行為だと思っています。

全く生きて来た人生も違えば、考え方、楽しいと思う事も違う人たちが集まって
一つの音楽を作り上げていく。
そこに自分勝手な行動は思わぬ障壁となります。

そのためにも音楽の基礎的な事を学ぶ事はとても重要だと考えます。
音楽の基礎的なルールを覚える事で、相手が何を言わんとしてるかが分かるようになります。
自分の一方的な思い込みだけでわめいても、だれも聴いてくれないでしょう。
自分が歌っている、弾いている音楽をどのように一緒にやっているメンバーと
聴いてくださる方々に伝えようとし、伝わるのか。
その繋がりが出来た時に初めて発信者が同時に受信者になり、表現者になると思います。
これはただ漫然と音楽を聴く行為とは明らかに違います。
(もちろんそれがダメだとは思いませんし、何も考えず聞く事も大事ですが、、)

その繋がりが出来た時に今まで自分がコツコツと練習してきた事や
勉強してきた知識や人生経験などと一瞬でつながるという
なんとも言い難い感動に包まれると思います。
そこに自分は趣味でいいとか、プロを目指すとか、そういった事は関係なくなります。
感動する音楽とそうでない音楽があるだけです。
その感動を味わって頂くお手伝いが出来たら、当教室の存在意義もあるかと思います。

音楽は人と人をつなぎます。
この考えはずっと変わりません。
音楽は人生をより深く、楽しく、気持ちを元気にしてくれます。
そこに真の音楽の自由な広がりの世界が待っていると僕は考えます。

この秋から一歩踏み出してみませんか?

今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2015年9月21日
野口 尚宏

春の息吹が、、。

今年の冬も寒さが厳しかったですね。
でも、ようやく春の訪れを感じる事ができる季節になって参りました。
当教室ではこの4月からレッスン内容を少し変更する事にしました。
変更と言っても、進化的変更です。
今までのボーカルレッスンとピアノレッスンというレッスンコースの中に
それぞれボイストレーニング基礎レッスンとピアノ基礎レッスンレッスンメニューの中に
加える事にしました。
1レッスン60分は意外と時間があります。
その中で歌のレッスンの方にはピアノレッスン
ピアノレッスンの方にはボイストレーニングを加える事で、
より各コースのレッスンを充実させ技術と音楽性の向上を目指します。

町の小さな音楽教室だからといって音楽を学べない事はないと思います。
音楽大学や専門学校で学ぶ事も一つの選択肢ですが、学費や時間の制約を考えた上で
社会人の方はお仕事をしながら、学生さんは学業をしながらも
音楽を学べる環境作りをしたいとしたいと考えております。
詳しくはレッスンページをご参照ください。
これから新年度の始まりです。
新しい事を始めたい方、お待ちしております。
この春からもMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願いいたします。
2015年3月24日
野口 尚宏

新年明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。
お正月三が日の最後、もうそろそろお節料理も食べ尽くして、
今年の年始めに思った事を具体的に実現していく準備をされているころでしょうか?
当教室では毎年恒例の新年発表会を今月11日14時から岸和田駅近くのカフェのだてにて行います。
今回も内容は盛り沢山で、発表会と銘打ってますが、
生徒さんのお身内以外の方々にも最後まで楽しんで頂けるような
発表会にしたいと思っています。
サヴァサヴァの会員の皆様、関係者の方々、
頑張って皆さんが楽しめる良いイベントにいましょう!
ご協力の程、宜しくお願いいたします。

あと、今年の当教室のテーマは
少しずつでも着実に力を付けて頂くレッスンメニューや
音楽をより楽しんで学んで頂けるセミナーの実施を
行っていきたいと考えております。
誠に手前味噌ではございますが、
当教室の生徒さんの音楽レベルと意欲は
確実に年々上がって来ています。
あとはその勢いに乗じて、基礎的な技術の習得の見直しと
どんどん意欲的に外に出て舞台に立つ責任と音楽で表現する
心からの感動を味わって頂きたいと思っています。
今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。
2015年1月3日
野口 尚宏

メリークリスマス、そして年の瀬。

今年の冬は一気に寒くなりましたね。
いつもこの時期になると思うのですが、
特に夜遅くのレッスンの生徒さんは通うのが辛い季節です。
外に出るのが寒いという事で出不精になりがちですものね。
でも、皆さん頑張って通ってくださってます。
本当に有り難い事です。
しっかりとした目標を持ち、確実に上達するからこそ、
レッスンは続くのだと思います。
今年はより前向きにレッスンに取り組む生徒さんが
多くなって来た事を実感した年でした。
いくら当教室のレッスンが相場の教室と比べて安いといっても
貴重なお金と時間を使って続けるには理由があると思います。
最初はなんとなくやってみようかなと思って入会された生徒さんも
だんだん本気モードになってきています。
ここ最近私自身もレッスンがとても楽しいです。
来年も早々に新年発表会があります。
やるからには自分が演奏する事を楽しむと同時にお越し頂くお客様にも楽しんで頂こうと
皆さん、頑張ってらっしゃいます。
本気で音楽を楽しみたい方、この楽しい雰囲気の中で充実した時間をすごしませんか?
来年もMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願い致します。

2014年12月25日
野口 尚宏

今日から9月

今日から9月ですね。
学校では新学期が始まります。
気候もすつかり秋です。
朝晩も随分過ごしやすくなってきました。
秋の夜長に物思いに耽るのもよし、読書や映画などをみるのもいいですね。
夏の疲れを少しずつ取りながら、何か新しい事を始めてみるにも良い季節ですね。
当教室も昨年4月から始まった月1回セッションレッスンが定着してきました。
生徒さんお一人お一人の音楽的なレベルも確実に上がって来ています。

このサイトのデザインもこの夏に一新しました。
フロントページにある「音楽は人と人をつなぎます。」という言葉は
私が音楽を続けてきて、最近深く感じる事です。
音楽を通じていろんな方々と繫がりながら、様々な事を勉強させて頂きました。
一人の人間の後ろにはより多くの人間が繫がっています。
1対1の人間の繋がりはある意味、不特定多数の人間の繋がりにも発展します。
だから一人一人の方々のお付き合いは大切にしなければいけない。
その事がいずれ大きな力となり、そこに感動が生まれるものだと思います。
小さな心遣いや気遣いは音楽をやる上でとても大切な事です。
それが円滑なコミュニケーションを形作り、素晴らしい音楽が生まれるものだと
信じています。
当教室ではこの秋からも新たなる試みを考えています。
ささやかな個人の望みが発展して、多くの方々と感動を共有できる空間作りを
進めていきたいと考えています。
今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2014年9月1日
野口 尚宏

春ですね。。

寒い冬から季節は春になりましたが、まだ少し肌寒い日がつづきますね。
今年も毎年恒例の春のセッションパーティを実施しました。
毎回顔ぶれと内容が少しずつ変化しています。
最初パーティを始めた頃に比べると少しずつ生徒さんの意識が高くなってきているように思います。
音楽は自分で楽しむだけではなく、人が集まって音を出し、合わせ、
お互いに聴き合うという事が本来の音楽の楽しさである事が浸透してきているようです。
教室としても良い感じになってきました。
益々精進を重ねていかないと。。。
今後ともMusic Space サヴァサヴァをよろしくお願いいたします。

2014年4月21日
野口 尚宏

新年発表会が無事終わりました。

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
昨日、新年発表会が無事終了しました。
昨年までは新年会パーティの延長線上という色の濃かったイベントでしたが、今年からはやや本格的なライブイベントとして教室始まって以来の出演人数と曲目の多さ、
多岐にわたる音楽とグループ編成のイベントとなりました。
この1年で大きく変わった事はお子様や高校生の生徒さんが多くお見えになられた事だと思います。
あと昨年4月からの月1回のセッションレッスンやグループレッスンの実施で
生徒さんの技術が大きく向上しました。
今回の発表会はその集大成として、とても充実したイベントとなりました。
これを機により生徒さんお一人お一人が人前で演奏するという事の
楽しさをお分かり頂けたように思います。
更に生徒さん同士の結束や連帯感も出てきて、今当教室は始まって以来最も充実し、
また更に変化に富んだ時期に差し掛かっているように思います。
音楽を通じての喜びを更に深くお伝えできるよう、
これからも精進して参りたいと思います。
今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2014年1月20日
野口 尚宏

今年1年を振り返り

今年も当教室は変化の年でした。
この春4月から月1回で始まったセッションレッスンは音を合わせる事の楽しさや
その緊張感を生徒さんに味わって頂く、良い企画になったと思います。
来年以降も更に充実したセッションセミナーを続けて行きたいと考えています。

楽しんで音楽をする事はとても大事な事ですが、
ただ自分だけ楽しいのではなく、
一緒に音を合わせるメンバーやその音楽を誰かに客観的に聴いて頂く事で
自分の音に責任を持つ、
今自分に出来る最も美しい音を出すという事が大事だと思うのです。
そのために基礎的な発声、楽器における基礎的な音の鳴らし方やリズムの感じ方、
アンサンブルにおいては周りの音をよく聴き、
音を合わせていくという基本的な事が重要なのだと思います。
自己主張と協調性のバランスはしっかりした基礎に裏付けられるものです。
基礎を磨く鍛錬を怠り、なんの集中力もない音の出し方では、
音楽の楽しさは半減してしまうように思います。

あとは去年にもまして小学生から高校生、社会人の方まで生徒さんの年齢層が広がり、
今まで少なかった男性の生徒さんもお越し頂けるようになりました。
またトランペットやサックス、フルート等の吹奏楽器のレッスンも始め
セッションも歌やピアノの生徒さんだけでなく、大きく変化しましたし、
グループレッスンによるコーラスや楽器のアンサンブルレッスンも始めました。
その事により、演奏する音楽の種類ややり方も随分広がり、
私自身とてもいい勉強になりました。
今は来年1月19日の発表会に向けて、皆さん練習、レッスンに励んでおられます。

今当教室は始まって以来、最も充実した教室になりつつあります。
来年も更なる精進を重ねて、
更に音楽を楽しんで頂ける教室にしたいと思っています。
今後ともMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2013年12月16日
野口 尚宏

ようやく秋の気配。

まだお彼岸が過ぎても暑さが残りますが、朝晩はすっかり涼しくなってきました。
夏という季節は暑さが厳しいのにも加えて何かと行事が多く忙しい季節ですよね。
すっかり涼しくなった秋に夏の疲れがどっと出る可能性があるので、
体調管理には気を配りたいものです。
当教室もこの4月から始まったセッションレッスングループレッスン
普段のマンツーマンレッスンにはない生徒さん同士の交流や
他の生徒さんの演奏を聴ける事が大いに刺激になっているようです。
音楽は一人で歌ったり楽器を演奏する楽しみもありますが、
人数が増えるほどその楽しさはより大きいと思います。
音楽好きなお仲間と接する事で新たな目標も見えてきますし、
自分の演奏を客観的にいろんな方々に聴いてもらう機会を増やす事で
いい意味での緊張感に慣れる事が演奏の上達にもプラスに働いているように思います。
来年の年明けに例年より更に本格的な発表会を予定しております。
今お越し頂いている生徒さんは日々ご自身の目標に沿った形で
レッスンに励まれております。
芸術の秋、秋の深まりと共にじっくりと腰を据えて楽しく深く音楽と関ってみませんか?
これからも音楽を楽しみたい方のために、
より充実したレッスン内容を目指し、精進して参ります。
今後ともMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願いします。

2013年9月25日
野口 尚宏

新年度が始まり、、。

今日は多くの学校が始業式だったようですね。
当教室もこの4月に少しシステムを変えました。
個人レッスン月4回から月3回に減らしました。
その代替として月1回セッションレッスンないしはセミナーを実施する事にしました。
(月1回のセッションレッスンは月のお月謝の中に含まれます。別途料金は必要ありません。
セッションレッスンが必要だと感じたのは、
よくライブハウスなどで行っているジャズ等のセッションは
一人一人にいつも事細かく手取り足取り誰かが教えてくれるわけではありません。
直ぐに実践に入るので、みんな自分の事で精一杯なのです。
しかし、音楽は自由にアンサンブルできる事が何より楽しい事も事実です。
そのために音楽をする上でのちょっとした約束事を知らなければなりません。
あと人前で演奏する緊張に慣れることも重要です。
それらの事を踏まえて月1回セッションレッスンが必要だと感じたのです。
あと生徒さん同士でバンドやユニットが出来れば
空いている週のうち1回は練習やレッスンとして入って頂くグループレッスン
考えています。
基礎的な事個人レッスン実践的な事セッションレッスンやバンドやユニットでの
グループレッスンでと用途に合わせて音楽を楽しんで頂けるようにしていきます。
レッスンは回数を多くすれば良いというものではありません。
その内容が充実し、目的に合ったものでないと全く意味がありません。
教室を復帰させてからいろんな生徒さんがお見えになりました。
今現在は再開当初と比べると生徒さんの年齢層も広がり、
レッスン内容も多岐に渡り、その事により私自身も随分勉強させて
頂きました。当教室も次のステップに差し掛かっているようです。
敷居は低く、目標は高くが当教室のモットーです
今後ともMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願いします。

2013年4月8日
野口 尚宏

新年明けましておめでとうございます。

今年は政権も民主党から自民党に変わり、その影響で株価も上がり、
景気にも少しの期待が持てるかなという機運が少し感じられます。
実際はどんな年になるかは分かりませんが、
勇気を持って前に進んで行ける気持ちを持ち続けたいものです。
当教室でも昨年は多くの生徒さんが来てくださいました。
その事を受けて今年はさらに充実したレッスン内容にしていきたいと
思っております。
昨年から続いての新年会セッションパーティも無事終わり、
参加して頂いた皆様方には緊張しながらも楽しく歌と演奏を楽しんで頂けたようです。
セッションパーティで感じた事はレッスンの時と人前で演奏する事は違うという事です。
当たり前ですが緊張しますし、余計な事を考えてしまったりするものです。
そこで今年はよりセッションの回数を増やし、
人前でものびのびと演奏する事が出来るように
セッションの機会を増やそうと考えています。

音楽は一人でも楽しいですが、何人かで演奏し音を合わせ、
それを誰かに聴いて頂く事で初めてその意味をなす事も大きいです。
そのためにももっと音楽を楽しんで頂けるよう頑張って参ります。
今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2013年1月14日
野口 尚宏

大晦日を迎えて

今年は当教室においてはまさに「動」の1年でした。
お子さまから高校生、ご年配の方まで教室始まって以来、
多くの方にレッスンにお越し頂き、今も楽しく通われています。
とても有り難く、喜ばしいことです。
同時に本格的に音楽に取り組みたいと思う方が
多く見えられるようになり、
そのような流れから、まずはボーカルコースの方のための
基本的な発声を見直すボイトレセミナーを実施し、
これからの課題が見えた良い機会になりました。

趣味で音楽をやりたいと思う方も本格的により深く音楽に取り組みたい、
単なる自己満足にとどまらない、誰かに聴いて頂いて良いと思って貰える音楽を
やりたいと思う方が増えているような気がします。
来年からは各種セミナーは勿論、密度の高いより実践的なマンツーマンレッスンに加え、
セッション等の機会を増やし、よりアンサンブルに力を入れた試みを考えております。
また音楽を通じてのお仲間ができる楽しいセッションパーティーも引き続き企画して参ります。

音楽を楽しむ事は忘れず、歌う喜び、演奏する喜びを実感して頂ける音楽空間に
なるようこれからも精進して参ります。

来年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2012年12月31日
野口 尚宏

酷暑のあとで

やはり今年の夏も暑かったですね。
暑いと体力を消耗したり、体調を崩したりしがちで、
まだ残暑厳しいですが、その暑い夏ももう少しで終わりそうです。
いよいよ芸術の秋、音楽の秋、秋の夜長に心地よい音楽に耳を傾けたくなる
いい季節になってきます。
当教室Music Space サヴァサヴァでは体験レッスン随時無料でやらせて頂いております。何かを始めるのには最適なこの季節に音楽で心を豊かにしてみませんか?
またこの秋からは、通常レッスンとは別枠でご希望に応じて、
日程を決め、一つのテーマに絞りセミナーを実施したいと考えております。
ボイストレーニングセミナー基礎音楽理論セミナーリズムトレーニングセミナー等、
音楽に関連する事を深く掘り下げる勉強会を行います。
各種パーティも今まで行ってきましたが、これからは楽しく音楽をするために不可欠な要素を更に細かく、深く掘り下げていきたいと考えております。
どうぞ、今後ともMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2012年9月5日
野口 尚宏

春の訪れ

今年の春は緩やかに暖かくなっていきますね。
桜もチラホラと咲き始めているようで、
ようやく春の訪れを感じられる季節になってきました。

なんだか年が明けてからの1月から3月は例年より長く感じました。
いつもはこの3ヶ月はあっという間に過ぎる気がするのですが。

昨年はなんと言っても震災の影響と景気の悪化、政治不安など、
あまり明るい話題がなかった気がします。
しかし、また一方で日本人として、人間として、
どう生きていけばいいのかじっくり考える機会が多かったように思います。

実際課題は山積みでどうしようもなく陰鬱な気分になりがちですが、
こんな時こそ、人の力を信じたいものです。

今年度も当教室では様々な試みを実現していきたいと考えています。
普通の音楽教室にありがちなレッスンをして、発表会をして終わりではなく、
音楽を発信する場所として機能できたらと考えています。
その一つにグループでのレッスンを一歩推し進めてバンドを作り、
積極的に外部イベントに出て貰えるようになって頂こうと考えております。

今年度も更に充実した音楽生活をサポートできるように頑張って参ります。
Music Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2012年4月2日
野口 尚宏

少し遅れましたが、、、。

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は当教室では今までにない、変化の年でした。
震災という悲しい出来事がある中でも、音楽をしたいという方々が
お子様から大人の方まで年齢層広く、来て頂けるようになってきました。
今年の最初のイベントでは初めて、ピアノバーをお借りしてゴージャスな雰囲気の中で
新年会&セッションパーティーを行う事が出来ました。
今年はまた更に皆様のご要望に応えつつ、更に飛躍の年にするため、
レッスン内容もさることながら、
楽しく且つ自己満足だけには終わらない目標設定をする中で、
いろんなイベントを打ち出していこうと考えております。
今年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2012年1月11日
野口 尚宏

今年もいよいよ終わりですね。

今年は本当に激動の1年でしたね。
3.11は今までに類をみない、想像できない大惨事となり、
人々の心に大きな傷跡を残し、
人間の無力さと自然の脅威を感じた本当に大変な1年でした。
そういう大変な時だからこそ、一人一人がしっかり立ち上がって、
前を向いて、自分の考えのもとに生きていかなければいけない。
そう感じた一年でもありました。
当教室においては去年と比べて、更に飛躍の年となった1年でした。
随分たくさんの生徒さんにお越し頂けるようになりましたし、
教室の方向性とカラーが出てきたように感じます。
生徒さんお一人お一人のペースと考え方に共に寄り添って
音楽を作っていくそんな教室の礎が出来てきたように思います。
今年は本当に皆様にお世話になりました。
来年は各種イベントやパーティーを更に進めていきたいと思っております。
来年もMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2011年12月31日
野口 尚宏

暑い夏が終わって。

今年の夏も暑かったですね。
今年は震災もあったせいか、節電ムードも高まり、
極力クーラーをつけずに頑張った方も多かったかもしれませんね。
でも、もう暑い夏もようやく終わり、秋の深まりと同時にじっくりと
夜空を眺めたり、心地よい風にあたりながら、いい音楽に触れたいものですね。
当教室も有り難い事に昨年に比べて多くの生徒さんがお越し頂けるようになって参りました。
これからもより一層生徒さん一人一人の望みを叶えるお手伝いをさせて頂く努力をさせて頂きます。
今後共、Music Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。
昨日、セッションパーティを実施しました。
イベントページにアップしております。

2011年9月26日
野口 尚宏

私自身も常に一緒に成長しています。

当たり前ですが、教えるという行為は一方的なものではなく、
教えさせて頂く事で、生徒さんから学ぶことがたくさんあります。

音楽的な事は勿論ですが、日々音楽の事ばかり考えている者としては、
ついつい音楽を純粋に聴く楽しみを見失いがちになる時があります。
「ああ、この人はこういう所で感動するんだ。」とか
「この人にとって音楽とはこういうものなんだ。」とか
常に発見の連続です。

当音楽教室では生徒さんの音楽的な能力の向上にのみならず、
私自身の音楽に対するあり方も常に変化し、成長させて頂いております。
音楽は演奏や歌う人と聴く人との関係によって始めて成り立ちます。
とても純粋かつ濃密なコミュニケーションだと思います。

素敵な音楽や歌を聴き、「自分もやってみたいな。」と思った地点で
もうその方はプレイヤーです。
音楽を聴くことも勿論素晴らしい事ですが、自分もやる側にまわってみませんか?
新たな音楽との出会いがそこにはあります。

2011年6月25日
野口 尚宏

本格的かつアットホーム、親しみやすい音空間を

当教室は自宅兼教室の音楽教室です。
しかし、その内容はテナント型の音楽教室には負けない充実したものであることは
生徒さんの声のページをご参照頂ければお分かり頂けると思います。
ボーカル教室としても、基本的な発声に始まり、最終的にはいかに音楽的に表現するかをご指導させて頂き、ピアノ教室としても楽譜を読んでただ弾くだけではなく、
基本的な音楽理論やリズムの感じ方、ハーモニーの作り方、メロディの歌い方など、自由に音楽を表現していく力を養って頂きます。
勿論、それ以前に音楽を楽しんで頂ける空間でなければなりません。
音楽を本格的かつ親しみやすく、楽しんで頂ける空間作りを今までの指導経験各種機材の導入を生かしつつ、この春からも進めて参りたいと思います。
これからもMusic Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2011年4月13日
野口 尚宏

新しい春を迎えて

最近小さいお子さんレッスン親子でお母さんとお子さんとのレッスンオリジナル曲をレコーディングし、その曲を携えてストリートに向かう若者、本格的にジャズピアノ、ボーカルをやりたい方、様々なご希望を持つ方々がお見えになられています。
以前にも申しましたが、音楽に必要な事はジャンルや音楽的な知識ではなく、音楽に触れられる方々それぞれの思いに沿った夢を実現する事だと考えます。

この春からアコースティックピアノ各種レコーディング機材を導入し、
通常のレッスンの充実だけではなく、更に音楽を楽しめる空間作りを進めて参ります。
今後共Music Space サヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2011年3月22日
野口 尚宏

今回の震災にて

遅ればせながら、2011年3月11日の東日本大震災にて、亡くなられた方のご冥福をお祈りするともに、被災者の方々の一日でも早い復興を心から願います。

2011年3月22日
野口 尚宏

2011年、年始にあたって。

2010年は当教室においては様々な変化があった年でした。
一つはレッスン内容の多様化です。
主に印象的だった事は、子どもさんを教えさせて頂く機会が増えたことでした。大人の生徒さんとはまた少し違った感性で音楽を感覚的に捉えるところは、随分と勉強になりました。
後は保育士資格のピアノです。幼児教育における音楽の重要性は言うまでもありませんが、童謡でもクラッシックの初級用のバイエルやソナチネなどもやり方によっては楽しく音楽的に表現できるものです。今までジャズばかりでクラッシックピアノを教える事はなかったのですが、やはり音楽の基礎を学ぶにはクラッシックの素養も必要だし、また言い換えるなら、ジャズでもポップスでもクラッシックでも音楽は全て繫がっているということです。
どんな種類の音楽でも全て音楽的に捉える事が重要で、ジャンル分けは全く意味がないということ、自分が表現したい音楽をしっかり見極め、
自分の音楽を磨き上げていくことが重要だということだと思います。
昨年はそういった事を再認識した年でありました。
今年は去年気づいた事を更にもう一歩進め、より充実した内容をご提供できる音楽空間にしていきたいと思っております。
本年もミュージックスペースサヴァサヴァを宜しくお願い致します。

2011年1月2日
野口 尚宏

喉もと過ぎれば、、。

喉もと過ぎれば、熱さ忘れると言いますが、あの暑かった夏が過ぎ、
めっきり涼しくなりましたね。
この秋の深まりとともにお洒落にジャズを楽しんでみませんか?
当教室では主にジャズボーカルジャズピアノマンツーマンレッスンをさせて頂いております。
ワンレッスン1時間月4回で1万円学割レッスンは小学生以下は半額の5千円)のお月謝
生徒さんのご要望に応じた柔軟かつ細やかな指導を努めております。
料金体系は大手音楽教室の相場の半分以下ですが、決して内容の薄いものではありません。無料体験レッスンも随時行っております。
お気軽にメールフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。
皆様のお越しをお待ちしております。

2010年9月30日
野口 尚宏

2010年夏の終わりに、、。

今年の夏は本当に暑かったですね。
記録的な猛暑という言葉が聞き飽きるほど使われた特別な夏でした。
私自身も教室の仕事と平行して地元中学校の吹奏楽部の外部指導として
の活動に加わり、コンクール指導と指揮という初めての経験をさせて頂く事で、
変化と前進、発見と感動を味わう事のできた特別な夏でした。
有り難い事に当教室も続々と新しい生徒さんがお見えになり、
益々、教室の発展を予感させる時期にさしかったように思います。
この夏の経験を生かし、これからも一人一人の生徒さんが音楽を楽しんで頂ける
環境作りと、更に充実したレッスン内容を提供させて頂きたいと思っております。
音楽を楽しみたい方、年齢、性別、経験は問いません。
この秋から新しい何かを始めてみませんか?

2010年9月5日
野口 尚宏

イベントページ追加しました

新たに設置したイベントページにて、今月20日に実施致しましたセッションパーティの模様を更新しました。
教室の雰囲気をお知りになりたい方はどうぞ、ご覧下さい。

2010年6月22日
野口 尚宏

一年が過ぎ

このHPを新たに始め、Music Space サヴァサヴァと教室の名前を変え、
再出発してから1年が過ぎました。
お陰様で思ったより早く、以前の活気を取り戻しつつあります。
また、新たに設置した学割レッスン保育士資格ピアノのコースにも
生徒さんがお越し頂いており、ご好評頂いております。
また、ピアノコースボーカルコースの生徒さんのセッションレッスンの実施や
セッションパーティの企画も計画して楽しく音楽と触れ合う機会を
どんどん進めて参ります。

思えば約10年ほど前に教室を始めた時と比べて、音楽を身近なものとして
感じられる方が多くなったように感じます。
この先行き不透明な時代だからこそ、音楽に希望と癒しを求める方が
多くなっているのかもしれません。

音楽を通して当教室を訪れる方々がこの空間を楽しんで頂き、
この泉州に、大阪に、関西に大きな音楽の輪が出来る事を
心から願いつつ、これからも頑張り続けて参りたいと思います。

2010年6月4日
野口 尚宏

保育士資格ピアノコース開講

保育士資格の取得にあたって基礎的な音楽理論ピアノの演奏技術は必須事項です。
保育士資格を取るために特化した基礎的な音楽理論やピアノ技術の習得を目指したコースを新たに設置します。
詳しい内容は近日中にレッスンのページにてお伝えします。
これからもミュージックスペースサヴァサヴァは世の中に本当に必要な音楽のあり方を考え続けます。

2010年1月29日
野口 尚宏

半年が過ぎ、、。

今秋で新たにこのサイトを立ち上げ、新しい音楽教室をスタートさせてから、
約半年が過ぎました。
お陰様で少しずつですが新しい生徒さんも来て頂けるようになり、以前にも増して
一念発起にて再起する思いであります。
サイトを立ち上げた当初から申しておりますように、これからの音楽教室がどうあるべきかが当教室の最大のテーマであり、お越しになる生徒さんの皆様が
納得された形で楽しく音楽と接して頂ける事が一番の目標です。
本格的に音楽の道を目指したい方にはそのサポートとして、より実践的な指導と具体的な音楽活動の進め方を提示させて頂き、また生活の一部分として音楽に親しみたい方のためには徹底して音楽を楽しむ事をレッスンの中で行いたいと考えております。

その一環として親子で楽しむ音楽レッスンや主に小・中学校生を対象とした学割レッスンを取り入れていきたいと考えております。
音楽を使って、人間本来の温かさや優しさを共有する場所を提供させて頂くことが私のこの上ない喜びであり、当教室の存在価値だと思っております。
多種多様なニーズに合わせた音楽体験ができる場所として、更に充実した内容をご用意させて頂きます。

今後共、ミュージックスペースサヴァサヴァを宜しくお願いします。

2009年11月9日
野口 尚宏

岸和田市・音楽教室"

音楽教室検索

音楽リンクskyfantasy