スタンダード曲を学ぶということ

投稿日: コメントする

教室のボーカルレッスンで取り上げる曲は基本的にはピアノで伴奏が可能な曲であれば、
生徒さんがやりたい曲を出来うる限り取り上げている。
しかし、望まれる曲を取り上げると同時にジャズスタンダード曲も歌って頂く事をお勧めしている。

ジャズスタンダード曲とは、なかなか定義づけが難しいが、
20世紀初頭1920年代頃から1960年頃までにミュージカルや映画で作られたものが多く、
曲のメロディもしっかりしていて、尚且つ親しみやすく、いろんなアレンジが可能なように出来ている。

あとヴァースと呼ばれる曲の導入部分を歌う事もあるが、
気軽に音を合わせるセッションではコーラスと呼ばれる曲のメイン部分のみで演奏される事が多い。
1曲32小節から長くてもその倍の64小節から70小節くらいで収まっているものが多く、
中には16小節くらいのものや、ブルースなど12小節をなんどか繰り返すタイプのものもある。
その1曲分を1コーラスとし、イントロからその小節数を何度か楽器のアドリブプレイなどを経て、
何度か繰り返し、エンデイングに向かうという構成なので曲の全体像が掴みやすい。
ポップスでは3分少しの曲でも100小節を越える事はざらだし、クラシックではもっと長い。

既成の曲を単にまねるだけに留まらず、
そこに自身のパーソナリティを反映させる事が出来るし、
このシンプルかつ柔軟性に富んだ素材を使用する事で、
打ち合わせの時間を出来るだけ短縮し、アンサンブルする事が可能になる。
そのためにいくつかの約束事は知っておく必要はあるが、
クラシック音楽における緻密なリハーサルや他のロック音楽のバンドなどにみられる
スタジオに何度も入らないとライブが出来ないという事はない。
(ただし、ジャズでもビックバンドジャズやアレンジが凝っているものは例外だけれど。)

またスタンダード曲は長年沢山のシンガーに歌われてきても飽きないメロディとシンプルで有りながら
よく練られている楽曲構成は即興的に音楽を合わせる種類の音楽、
特にジャズでは使用される事が多いのだと思う。

そのため、様々なアレンジでテレビCMやどこかで聴いた事があるメロディだという事が多い。

しかし、ジャズをする人はボーカルやメロディを担当するリードパート以外の
他の演奏パートも対等であるという共通の認識があるため、

こと歌唱に重きをおく、ポップスなどのジャンルが好きな方にとっては
少し違和感を感じる事もあるかもしれない。

ただ、この歌唱力に合わせて即興的アンサンブル能力でも言うべき、
音楽的な力を養う事で歌う楽しさに音を合わせる楽しさも味わえるし
自分の意思で自分の周りで何が起こっているか見極めつつ

リードしながら歌わないといけない環境が音楽的コミュニーケーション能力を高め、
どんな音楽も俯瞰してみる事が出来る力をつけてくれると思う。
シンプルな素材に色づけしていく楽しみは音楽の楽しみを深め、
音を通じて人と人とのコミュニーケーションの楽しみを深めてくれるように思う。

好き嫌いは変わるが技術は残る

投稿日: コメントする

もの事に取り組むとき、どんな人も興味から入るので、当然好き嫌いで
やるかやらないかを決める事が多く、音楽においてもその事が大きく関係するように思う。

しかし、この好き嫌いは人生経験やふとした人との出会い、その時の心の持ちようによって
徐々に変化していき、嫌いだったものが好きになる可能性もある。

だから、食わず嫌いや経験する前から好き嫌いを決めるのは良くないと思う。
この点において、基礎的な技術は何年たっても残るし、その基軸から物事を判断し、
生涯において良いと思えるものに出会える可能性が多いと思うのだ。

僕が考えるジャズという音楽は曲そのものではなく、
その曲をこの基礎的技術や音楽的スキルを通じてどう捉えるかが大きく問われる音楽だと思う。
好きなロックバンドの曲をこの基軸なしに、ただコピーするだけでは、たぶんいつか飽きが来る。
でも、基礎的な音楽的技術や理論、俯瞰して音楽を見る事が後々に自分にとって大きな財産となる。

憧れから始まる音楽への衝動はとても大事だし、気持ちに火をつけるには大事な事だと思う。
だた、その火がすぐ消えてしまうのは、基礎的な技術や客観的なものの見方が不足しているからだと思う。
好き嫌いは経験と共に変容していくが、コツコツと身につけた基礎技術はなくならない。
言い方を変えれば、どんな音楽も自分色に染める事が出来て、いつも新鮮な気持ちで音楽に取り組める。

音楽は勿論、理論でやるものではない。
しかし、音楽的共通言語ともいうべき、基礎的な音楽理論や技術は心の中にある情熱の火が消えない
重要な役割を果たしてくれるようにも思う。

歌の上手さとはなんだろう。

投稿日: コメントする

このテーマは信じられないほど深い。
何故なら、人は自分の好みや自分のイメージで聴く音楽さえ
その時の精神状況によって書き換えてしまうし
今まで聴いてきた音楽の種類によって、
「いいなぁ~、うまいなぁ。」と感じるものだからだ。
僕は今までジャズやクラシック、ロックや歌謡曲、
洋楽、邦楽、ありとあらゆる種類の音楽を聴いてきた。
それらの中でそれぞれの歌声の良さがあり、
単純に音程やリズムの良さだけでは計れない指標が存在する。
ありきたりな言葉で言えば、表現力という事かもしれない。
ただ、これは聴く人の音楽経験や人生経験に大きく関与する。
しかし、知らない全く聴いた事がない種類の音楽や歌声で
すごい、感動するという事もある。
これはサウンド、声だと僕は思う。
だって、本当にすごい歌声は一瞬で人を黙らせてしまう
存在感がある。
そう、歌は深いし、すごい。
(今日も書き上げ10分)

仕方のないこと。

投稿日: コメントする

前回も書いたが、
今、HPのリニューアルのため、コンテンツの文章や
イベントページの整理で過去のイベントを見る事が多い。
教室のHPのイベントページからリンクをはってるFBページの
過去のイベントをいろいろ見ていたら、
生徒さんが随分入れ替わっている事に気づく。

確かに最近は音楽に真面目に取り組む方が増えてきて、
僕もやり甲斐を感じる事が多い。

しかし、正直言って過去には僕の指導の仕方に不平不満を言って
辞めていかれる方もいたことも事実だ。
これは全面的に僕の未熟さからくるもので、
「ああ、この方も今はいないんだなぁ。」とか考えてしまう。

お辞めになられる方の中には経済的な事情や
お仕事や学業の忙しさを理由に辞めていかれた方もいた。

しかし、教室自体が全ての生徒さんにとって楽しい空間であれば、
皆さん、どんな形であれ、今でも残ってくださっている可能性もある。

しかし、お越し頂く生徒さん全てを満足させる事は不可能だ。

時には厳しい事や指導において言いたくない事も言わないといけないし、
それが僕の仕事の重要な事だと考えるからだ。
自分の音楽的な未熟さを指摘される事が嫌な方は
とても嫌な気持ちをされた事もあるだろうと思う。

自分だけが楽しいだけで音楽をする人と
音楽を聴く事に生きる勇気や癒やしを求めている人が
本当に気持ちの上で交わる事はない。
自己顕示欲の強いだけの自分勝手な演奏家と
真剣に音楽を愛している方の間には
永久に平行線が続く大きな溝があると僕は思う。

イベントの楽しい写真を見て、一抹の寂しさを感じるが
これは仕方のないこと。。

生徒さんの音楽的成長と僕自身の成長のためには切り捨てないといけない事もある。

そう、これはどうしようもない事なのだ。

どうしようもない別れもあり、また新しい出会いもあるのだから。

(書き上げ時間約15分、眠たいせいか、今日も遅いね。。)

必要な変化。

投稿日: コメントする

実は来年の始めを目処に教室のレッスン体系の改変を考えている。
ここ数年、教室にお越しになる生徒さんの変化を感じているからだ。
それに伴い、HPも大きくリニューアルする。
この変化は実は僕自身ずっと感じてきた事で
実はここ数年、僕の理想に近づいてきている。

そのため真剣にレッスンにお越し頂く方以外はお問い合わせ頂いた時や
体験レッスンの時にやんわりお断りする事も時々ある。
目的の違う人間同士が時間を費やすのは無駄な事が多いからだ。

これは単に僕との相性が合うとか合わないとかの話ではない。
音楽未経験者の方や初心者の方でも全く問題ないと思う。
真剣かどうか。
それだけだ。

最近、ふと思うのだが、この変化は僕自身が求めているというより、
お越しになられている生徒さんが望んでいた事だと気づいた。
皆さん、真剣になれる場所を探しておられるように思う。

新しいHPは中途半端な気持ちで音楽に向かう方には少し辛辣に映るかもしれない。
願わくば、最初は中途半端なお気持ちでお越しになられても、段々本気になることを僕は望みます。

というか、皆さん、中途半端な気持ちでお越しになってませんよね。
そう考える方が失礼かもしれない。

音楽はふざけた遊びではない、
真剣に音と向き合う奥の深い究極の遊びだと僕は思っている。

(書き上げ時間約11分、少し時間かかる。。)

曖昧にしたくないこと。

投稿日: コメントする

最近のブログの文章形態がですます調になっていないのは、
前までは「僕はこんな感じに思いますよ~」みたいな柔らかい感じで
誰かに伝えたいという思いがあったからだろうと思う。
しかし、最近の巷の自己発信ブームに少し疲れている僕は呟き感覚でブログを
書いてみようと思ってから、その方が気を使わず文章が書けるし、
素の自分を書ける事に気づいた。
つまり、発信してはいるが、伝えようという思いより、
自分の頭の中を整理する意味合いで書こうと思ったから。
そうすると割と自由に書ける。

さて、僕の中で曖昧にしないと仕方ないことと
曖昧にしない方がいいこと、曖昧にすべきではないこと、
曖昧にしてはいけない事が存在する。

これらの言葉の中で常に曖昧にしたくない事が前提として僕の中ではあると言うことだ。

大人だから~、人それぞれ~、苦労はみんないっしょ~、
よく言われる言葉である。

正直、僕はこれらの言葉が嫌いだ。
いや、正確にはこの言葉を使わないといけない状況が嫌だ。
曖昧の典型だからだ。

そう、僕は曖昧にする事が嫌いなのだ。

(書き上げ時間約15分、やはり気を使いながら書くと時間が少しかかる。目標5分でブログ1つ)

人は成長する。

投稿日: コメントする

人はいくつになっても成長できると信じている。
よく人は変われるという表現がされるが、成長もそういう意味では変化だが、
よく使われる変われるという言い回しや言葉の裏には
瞬く間に目覚ましい変化をとげるようなニュアンスが含まれているとすれば
そこには些かの胡散臭さを感じる。
僕が意味する変化はもっと緩やかで、思い返してみればすごく変わったという感じ。
人は忘れる生き物だ。
コツコツ努力している一瞬は辛いという記憶が刻まれるかもしれないが、
そんなものいつか慣れるし、習慣化すれば、辛かった事すら忘れる。
まぁ、また違う成長のための辛さが待っている事は事実だが。。
成長を実感してからの辛さや逆境はそれまでの達成感や充実感の記憶が
励ましてくれる事もあるはずだ。
今日も1歩1歩歩みを進めよう。
(書き上げ時間約10分)

少しずつ忘れ去られていくもの。

投稿日: コメントする

最近つくづく思うのですが、世の中が便利になり
エンターテイメントと呼ばれるものも多種多様になってきて、
少し前までは、これは簡単には出来ないなと思える事が割と簡単に出来る世の中になって来たように思います。

これはとても良いことで今まで知らなかった無縁な世界が知れるようになりました。
インターネットというかもう時代はスマホ抜きには考えられないようになって来ました。
ただ、情報を取りに行くのに不便だった時代を知ってる僕はほぼ大体どんな情報も瞬時に分かってしまう今の時勢が最近少し恐く感じる事もあります。

人の記憶は情報を単純に入れるだけではすぐ忘れてしまうのと情報を欲する人間の欲望は情報と情報を結びつけ論理付けしていくこととはまた別のもののように思えるのです。

入れては忘れ、消えていく。

そんな気がします。

自分が忘れて行くことは逆に言えば、自分が忘れ去られて行くことを意味します。

世は無常なので、まぁ、それでいいかなと思う事もありますが、
そこには一抹の空しさや寂しさ、孤立感、閉塞感が残ります。
忘れてしまうのは情報や知識だけではありません。
人に対する思いやりや感情、お世話になった方々への感謝の気持ちなど、
時代に乗り遅れまいとして、どんどん情報を上塗りし、
何か大事なものを置き忘れているような気がしてなりません。

忘れるべきものではないものが少しずつ忘れ去られている気がするんですよね。。

何年も前にも同じような事を書いた気がしますし、
あちこちで言われている事かもしれませんが、年々事態は深刻になっている気がします。

 

書く事がなかった訳ではないですが。

投稿日: コメントする

なかなかブログを更新する事がなかったのは、
何だか今の世の中何でもかんでも発信する風潮になってしまい、
ブログという本来の自分の考えや思いを純粋に語りたいという所から
少しズレてきている気がして、何度か文章を書いてみても、
こう書くとある人が傷つくんじゃないかとかいろんな事を考えてしまい、
億劫になってしまってました。

じっくりものを考え、熟考してから投稿するより、
とにかくインパクトが強く、食いつきのいい即効性の高いものが
多く見られる世の中になってきたのですかね。
僕はもっとゆっくりじっくり、語りたいです。
そこで本来は教室のトップの文章に書こうと思ってた事を少し書きます。

僕が考える物事の上達についてです。
物事の上達はささやかな興味で始まり、好奇心で近づき、没頭で成長し
他者との関わりで世界が広がり、自問自答で成熟し、
他者と自分の相違点の認識の中から共通項を見つけ、
整合性を共に見つけていく事から充実感を味わえるのだと思います。

何事も小さな興味から始まると思うのです。
これらの過程で重要なのは持続するという事です。
持続するためには信念がないといけません。
信念とは今の世の中では少し偏屈な印象を持たれがちですが、
何でもかんでもその場しのぎで合わせ上手なだけでは、
成長は見込めないと思います。
時と場合によっては、合わせないといけない事もあるかと思いますが、
自分が没頭して打ち込めるものを邪魔するものがあるなら、
上手にかわすべきです。

人からどう思われるとか気にしない方がいいと思います。
しかし、自分の行動が人に不快を与えていないかの配慮は必要だと思います。

結果的に自分を取り除いての他者への配慮さえすれば、
あとは自由に伸びやかな発想で行動する事がいいのではないかと思いますし、
その事が出来ている人が魅力的に見えるのではないでしょうか。

僕はまだまだですけど、そういう人になりたいですし、
そういう人を見ると素敵だなと思います。

辛い時が続くときは。

投稿日: コメントする

人は地上でないと生きていけない
でも、天を仰ぎ、空を見上げる事で
未来に希望を持てる。
地上は現実、現在。
天は夢、未来なのかもしれない。

悠久の歴史の中で人は幾度となく
天を見上げ、例えば星空に思いを馳せる事で、 

様々な想像を巡らし、時代を生き抜き、 
時には世の中の憂さを晴らしてきた。 
少しの勇気を保ち、生き続ける事が出来た。

現実はいつの世も残酷で辛い。
地上で生きていくのが辛くなった時は
空を見上げよう。
雲を眺め、月や星空の美しさに気づく感性を
持とう。
この広い空を眺めると今世界のどこかで
自分よりうんと苦しみ辛い境遇でも歯を食い縛り、

必死に笑顔を保ち、
生きている人たちがいる現実がある。

また、雲が流れているのを見ると
確実に時は流れ、変化していく事に気づく。
辛い事ばかりが続くように思える今も
もしかしたら、ほんの一瞬でもささやかな
幸せを感じる時間に変化するかもしれない。
それを変化させるのは自分の内にある。
美しさを感じる事が出来ない心持ちでは
何も変化しないからだ。

都会の夜空は明るく、星さえもキレイに見えない。
それは地上にいる僕たちが必死に生きている
証でもあるのだけど、
その事が美しさをかき消して、
いや、美しさに気づく感性を鈍らせているのと
リンクしているようにも思える。

前を向いて歩き出すためには
たまには現実逃避をして、
静かな夜に美しい月と星空を眺めるのも
良いのかもしれないよ。