音楽を浴びる。

音楽を浴びるように聴く。 
僕にとって、この表現は所謂、「浴びるほど、聴く。」とは少し違う。 

乾いた大地に降り注ぐ雨。 
恵みの雨だ。 
熱く火照った体を心地よい冷たい水が 
心の芯まで染みこんで来る感じとでもいうか、 

僕にとって音楽を聴くというある一つの形でもある。 

ただ、耳だけで聞くのではなく、 
肌で聞くのだ。 
音楽によっては、それが骨まで染みこむ場合もある。 
(あくまで、ものの例えです。)

先日、書いたRiverのオリジナル、 
Joni MitchellのRiverを聞くと、 
久々にそんな気持ちになれた。 
改めて言うまでもないが、やっぱりいいですね。 
この人は。。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です