経験するということ。

今まではいかなる人生経験も自らを成長させるものだと思っていた。
いや、確かに本当はそうかもしれない。

しかし、今現在僕が思うには、しなくてもいい経験もあるではないかと
いや、するべきではない経験もあるのではと思うのだ。

怖い者知らずはとことん怖い者知らずでいいのかもしれない。
怖いものを知り、経験してしまうとそれを引きずってしまい、
前向きな生き方、考え方を邪魔することがある。

この春で辞める塾の仕事も自分の人間的成長を促すものだと思っていた。
その他のこの約2年間で経験した音楽以外の仕事全てもそう。
しかし、これらの仕事は僕にとって違う世界を知識として知る事はできたが、
自らの成長に繋がったかどうか、人生の方向として正しかったかどうかは疑わしい。
知らなくてもいい世界に足を踏み入れたのかもしれない。
こんなに自分自身を曲げた時間はなかった。
いや、これはあくまで自らの責任なのだが2年どころかもっと前から
自らの手で緩やかに人生を後退させていたのだ。
その事によりいろんな人を傷つけ、迷惑をかけ、人生を狂わせた。
ただ足踏みしながら、少しずつつ意図しない方向へ後退していたのだ。

だから、もう後退することは止めよう。
前に進むのだ。
ひたすら前に、、。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です