理想的なボーカルの形。

最近、ちょっといいなと思っている、ボーカリストがいる。

Corinne Bailey Raeだ。

生徒さんがこの人のヒット曲が好きというので調べてみたら、
僕も持ってた。彼女をサポートするHerbie Hancock、いい。
大人のバッキングだね。
Herbie Hancockは以前から好きで、マイルス時代のクインテットも最高だが、
Joni Mitchellとの一連の作品でこうような浮遊するバッキング、
歌を邪魔せず自由にサポートする。いいよね。
Weyen ShorterのSaxも良い感じで絡んで来てるし、
こういうユニットが出来たら、最高だろうなあ。
こういう自由と協調性が同居した音楽って
なかなか日本人でやってるのを見たことがない。
気負いなく、楽勝でやってる感じ。でも深い。
決して難解ではないと、僕は思うんだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です