最近、ちょっと思う事。

久々の更新です。
最近、少し生徒さんの年齢層が下がってきた。
勿論、大人の生徒さんもいらっしゃるのだが、
子どもさんのピアノや歌、高校生の歌、ピアノの生徒さんが増えてきた。
教室を始めた頃はお子様のピアノ指導なんて考えもしなかったが、
なんでもやってみるもんだ。
随分と勉強になる。
こういう風に言うと伝わるんだなとか指導する上で随分余裕がでてきた気がする。
教えるという行為は知識を与えるだけではなく、いかに教える立場と教わる立場の生徒さんの間で共感できる要素を多く持つ事が出来るかがポイントだ。
音楽を長くやっているとその辺を見落としやすい。
初心者やお子さんの方が音楽に対して素直に接している。
音楽は知識の多さが問題ではない。
如何に音楽をずっとピュアに受け止められるかだ。
この事が音楽経験の長さと比例する場合は音楽的成長を期待できるが、
違う方向に行くと音楽に感動する感性を鈍らせてしまう。
この事が一番恐ろしい事でむしろ子どもの感性のままでいた方がいい。
知らなくて良いこともあるのかもしれないなぁ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です