古き良き、、。

ずっと使っていたコンポが壊れたので、 
なんかいいのないかなと家電量販店に行ったり、ネットで物色してたら、 
BoseのAW-1という1980年代に販売されていたバームクーヘンを切ったような形の一見すると空気清浄機かと思わせる風貌の中古ラジカセの存在を知り、 
ヤフオクで探したら、何点か出ていたので、 
しっかり故障部分を直してメンテナンスされたものを落札、購入。 

今から20何年か前に作られたものでも、ある種のオーディオマニアというか 
この年代物のラジカセのファンみたいな方々がいて、 
修理、完全なオーバーホールを請け負ったりしている。 
これはカセットテープとラジオしか付いていない所謂ラジカセだ。 
外部入力のAUXが付いているので、ほとんど買っただけで使っていなかった 
再生専用のDVDプレイヤーでCDを聴いてみたら、音の良さにびっくり!! 
ネットの情報ではとにかく音が良いと評判だったので、期待していたが、 
期待以上のものだった。 
ジャズやクラッシックのCDを聴くとその臨場感たるや筆舌に尽くしがたい。 
まるでそこで楽器が鳴っているみたい。 
「これはもはや楽器だ。」とネットで言っている人もいたが、 
そうかもしれない。 
ここまで凄いとは。 
売られていた当時は20万円以上したとか。 
それが今は1万円代で中古だがメンテナンスされたものが手に入る。 
(因みに新品で後継機種は15万円ほどのものがBoseの直売店で今も販売されている。) 

最近はめっきりパソコンで音楽を聴いたり、iPodなどで音楽を聴く人が多いと思うが、
CDを沢山所有しているものにとってはまだまだCDで良い音を聞きたいんです。
一つの作品としてのアルバムをじっくり腰を据えて聴く機会がすくなくなっていたが、
良い音で聴くとこんなに長い時間音楽を聴いていられるものかと自分でもびっくりだ。 

技術の進歩でコンピューターの演算処理は桁違いに進歩したが、 
オーディオの分野ではそうでもないみたい。 
2、30年前のバブル時代にお金に糸目をつけず研究開発されたものには勝てない。 
やはり良いものは良いのだ。 

久しぶりに良い買い物をした。 
オーディオ装置に何百万円もかける人の気持ちも少し分かるなあ。 
僕は1万円ちょっとでささやかな幸せを手に入れたが、、。 

AW-1AW-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です