厄抜けのお礼参り。

ちょうど3年前、Mixiの日記に厄除け祈願に行った日記を書いている。 
その時は大阪に帰ってきたばかりで、ボロボロの状態。 
リアルに本厄真っ直中だった。 
もう苦しい時の神頼み(お参りに行ったのはお寺でご本尊が観音様なので仏頼みか)状態。 

で、いろいろあって、今は随分と落ち着いた。 
時間というのは流れて行く中で、嫌な事も苦しい事も流してくれるもの 
なんだなぁとつくづく思う。 
まぁ、また次の厄介な問題も流れてくる事もあるけど、、。 
しかし、あの時の苦しさに比べたら、今はもう嘘のように心が穏やかだ。 

皆様のお陰で、苦しい時期をなんとか乗り越えられそうだ。 
その感謝も込めて、後厄も抜けた今、観音様に感謝の気持ちでお礼のお参りを 
させて頂いた。 

最近、常々思う事だが、僕にとって神仏の前で手を合わせるという行為は 
普段の自分の生きる姿勢を見直す、襟を正す一つの習慣みたいなものだ。 
だから、ついつい神頼みしそうになる心を抑えて、まずは上手く行ってる事への 
感謝の気持ちと共に、今後共お見守りください。という気持ちで手を合わせる。 

今までも苦しい時に神社にお参りして、そういう気持ちで手を合わせると 
不思議と事態が良くなってきたような気がする。 

僕にとっての宗教とは難しい理屈はさておき、そういう謙虚な気持ちを取り戻し、 
できるだけその気持ちを維持しつつ、またその気持ちを失いかけたら、お参りする 
という心の軌道修正を行うものかもしれない。 

まだまだこれからだけれど、 
観音様この3年間ありがとうございました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です