プロフィール

野口 尚宏(のぐち たかひろ)
画像の説明
1969年
大阪府岸和田市で生まれる。

1990年〜
大学在学中より始めたバンド活動を本格化するため、アルバイトをしながら、卒業後も音楽活動を続ける。ソウルやロックのボーカル活動と同時にジャズのライブハウスなどで、プロのジャズボーカリストとしても、演奏活動を始める。
日本のジャズ教育の第一人者である藤井貞泰氏に師事し、ジャズを学び、後に同氏に認められ、幾度となくライブ、コンサートで共演、好評を得る。1994年には単身渡米し、ジャズやブルース等本場の音楽に触れる。
帰国後にはアメリカからミュージシャンを招いてコンサートを企画、共演し、地元岸和田の文化活動にも力を注ぐ。

1999年〜
出身地である大阪、岸和田にて「ジャズボーカルハウスサヴァサヴァ」を設立し、ジャズボーカルとジャズピアノのレッスンを始める。
自ら主催する教室ではプロを目指す人から、全くの初心者まで広範囲に渡る指導を行い、ジャズだけではなく、指導した生徒の中にはジャンルを問わず、メジャーレーベルやインディーズレーベルからCDを発売する実力ある人材を輩出。
近年に於いては、オリジナル曲を制作希望する若手のサポート業務も行い始める。

2000年8月
吉本興業主催のミュージカル「オカン ブロードウェイに行く」において歌唱指導を担当。

2001年11月
師である藤井氏とデュオアルバム「Plain Confession」を発表。

2007年4月
大手電機メーカーHPの音楽制作とナレーションを手がける。

2008年1月
昨年に引き続き、大手電機メーカーの照明ブランドのHPにおける音楽制作を担当。

2008年5月
同じく大手電機メーカーの照明ブランドのHPにおける音楽制作を担当。

2009年4月
音楽教室の名称をJazz Vocal House サヴァサヴァから
Music Space サヴァサヴァに変更し、ジャズ以外の様々なジャンルのレッスン
お子様や学生さんの方々の学割レッスンを始め、好評を得る。
今回で3度目の大手電機メーカーの照明ブランドのHPにおける音楽制作を担当。