くどくど説明しなくても分かってもらえる人間になりたい。

人間はいつも複雑な利害関係の中で生きている。
大人であるなら、誰もが暗黙の了解で分かっているという事は多いはずだ。
そういった複雑な社会の中で人と人が繋がって生きていくためには
自分がどういう人間か向き合う相手に分かってもらう必要がある。
しかし、得てしてその事はかなり難しい。
自分を良く見せようと思えば思うほど、見苦しい事は多い。

正直に生きていて、損をする事はしょっちゅうあるし、かと言って、自分に嘘をついてその場を取り繕ってもあとあとそのしっぺ返しは
必ず大きく跳ね返ってくる。

「自分だけの事を考えているわけではないのに。」
「みんなの事を考えているのに。」
そう思っている心の奥底にどろどろとした自我が潜んでいないだろうか?
じっくり自分を観察してみる。

あるある、結構あるね(笑)

自分が見えていないところでその何倍も周りの人は自分の事を考えてくれている場合もあるし、自分が些細な事で思い悩んでいる事が他の人にとってはなぁ~んにも気にとめないという事もある。

あなたの事が好きですよ。
私も好きです。
じゃあ、お互い助け合って頑張っていきましょう。

こういうシンプルなやり取りで物事がすすめば、どんなに良いことだろう。

最終的には、ぱっと会って少し話しただけで、
僕という人間を分かってもらえるようになりたい。
それは僕を見る相手の問題ではなく、僕の問題なんだよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です